最下位阪神、浮上へ『グラティ』封印解除か 復活の機運高まる「改良型」

2015.05.14


低迷する阪神に「グラティ」復活案が浮上している【拡大】

 借金5で最下位に沈む阪神。浮上への打開策として、昨季中に封印した「名物パフォーマンス」の緊急復活案が浮上している。

 12日・ヤクルト戦(神宮)は台風6号の接近のため中止。チームは室内練習場で汗を流したが、10日・広島戦(甲子園)で敗れリーグ最速の20敗を喫するなど苦戦を強いられている。

 チームの浮上に向けて、和田監督は打線の復調を重要視する。「(相手が)マークしてくる(自軍の)選手を1人でも2人でも増やさないと。(唯一の選手が)調子を落とすと打線全体が消沈してしまう。(複数選手で)マークを分散させるような状態に早くしたい」と話した。

 指揮官はこの日、不調で10日の試合を欠場したマートンを先発出場させる予定だった。「やはりポイントゲッターになる選手。チームは苦しい時だし、復活やいい状態に戻すとかじゃなく、上げていってほしい」と主砲へ期待をかけた。

 とはいえ、何か起爆剤がほしいところ。低迷が続くとベンチの雰囲気が暗くなるだけでなく「選手たちの気持ちもバラバラになる」(球団関係者)。そんな中、ナインの間で浮上したのが、かつて人気を博した、本塁打を放った選手を出迎えるパフォーマンス『グラティ』の緊急復活案だ。

 「お客さんも盛り上がるし、チームにも活気が出る」(ある選手)

 もともと関本と西岡が一昨年の春季キャンプ中に始めたことがきっかけで、チームに浸透。グッズが作られファンの間でも話題となった。名前の由来は英語の「Gratitude(感謝)」の語頭部分を抜粋したものだが、当初から相手チームなどから「バカにしている」と物言いがつき昨季から封印されていた。

 だがチームが低迷するだけに「ポーズの改良などは必要だが、剛さんに音頭を取ってもらって実現させたい」(同)と復活への機運が高まっている。 (山戸英州)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。