“史上最悪”の韓国ドーム球場に不満爆発 トイレ行くのに15人の了解が必要 (1/2ページ)

2015.11.30


写真奥の電光掲示板は確かに小さく見づらい(聯合=共同)【拡大】

 すったもんだの末に再検討となり、非難を浴びた新国立競技場の建設計画。だが、本当にマズいのは問題のあるモノをそのまま造ってしまうことだ。今月オープンした韓国初のドーム球場に国民の不満が爆発しているという。トイレに行くのが困難な人呼んで「おむつ座席」まであるというから驚かされる。

 新設された野球の国際大会「プレミア12」で見事優勝を遂げた韓国チーム。東京ドームで21日に行われた米国との決勝戦に勝利し、韓国国民は大いに歓喜したが、仮に自国の「高尺(コチョク)スカイドーム」が会場だったら、その反応も変わっていたかもしれない。

 韓国プロ野球のネクセン・ヒーローズが使用する高尺スカイドームは今月4日、ソウル市に韓国野球史上初のドーム球場としてオープンした。だが、現地メディアの朝鮮日報(26日、日本語版)によると、早くも不満が噴出しているという。

 電光掲示板が小さく「見るには望遠鏡が必要なのでは?」という声が上がるのは序の口。ファンが利用できるエレベーターは1機のみで、バリアフリーへの配慮はみられない。内野席と外野席が完全に分かれた奇妙な構造に加え、ドームの収容者数1万8076人に対し、駐車面数は492面というお粗末さだ。

 極めつけは一部に設置された31席が1列に並ぶ観戦席。中央の席の客はトイレに行くのに15人に了解を取らなければならない。そのため、インターネット上では「おむつ(をして行かなければならない)座席」との皮肉も漏れている。

 実はこのドーム、当初はアマチュアのための一般球場として計画された。途中でハーフドーム案が持ち上がり、最終的にドームへと「昇格」。その間の設計変更は8回を数え、造ること自体に無理があったとの見方もある。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。