【選手・清原和博 裏番行状記】球団寮に女性を連れ込み“警察沙汰”に 「お前を寮から出すと、社会のためにならん」 全ての始末、歯止め役は根本陸夫氏 (1/2ページ)

2016.02.10

根本陸夫氏
根本陸夫氏【拡大】

★西武編

 球界屈指のスラッガーとして人気を博しながら、覚醒剤所持の疑いで逮捕された清原和博容疑者(48)。その転落の“予兆”は新人年から11シーズン在籍した西武時代からあったといわれる。同球団関係者の証言を元に、その行状を検証する。

 ◇

 清原容疑者がいきなりスターダムにのし上がった、1986年のシーズンオフ。当時所属した西武で球団管理部長を務めていた故・根本陸夫氏が、父親のような口ぶりでクギを刺した。

 「お前を寮から出すと社会のためにならない。社会の迷惑になる」

 清原容疑者は同年シーズンで高卒新人ながら打率・304、31本塁打をマーク。パ・リーグ新人王に輝いた。この好成績を大義名分に所沢・若獅子寮からの退寮を申し入れたが、根本氏は首をタテに振らなかった。社会人として、野球人として、世間知らずの18歳の独立を認めることができなかったからだ。

 グラウンドの内外で破天荒な行動をみせていた清原容疑者のブレーキ役が根本氏だった。凄みのある強面で、選手獲得では野球協約違反寸前の手腕を発揮して“球界の寝業師”と評され、“反社勢力”にもニラみを効かせたとされる人物だ。だが、その若者が起こした“事件”では後始末に奔走させられた。

 清原容疑者がナンパした女性を若獅子寮内に連れ込み、これを知った女性の保護者が激怒し「警察に訴える」と球団に乗り込んできたのだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。