気になる“名護離れ”の影響 キャバクラ、那覇から臨時従業員呼び寄せ必要なし

2016.02.18

球場に入る、日本ハム・大谷翔平=名護市営球場(撮影・中井誠)
球場に入る、日本ハム・大谷翔平=名護市営球場(撮影・中井誠)【拡大】

 17日、2次キャンプ地の名護市に入った日本ハムを約300人の地元ファンが出迎えた。

 昨春までは約1カ月間の滞在で、10億円近い経済効果をもたらしていたが、今春はアリゾナで1次キャンプを張ったことで名護での日程が短縮。当地に落ちるお金も減ることは必至だ。

 これまで市内の歓楽街には選手や関係者がキャンプ休前日に繰り出していた。キャバクラでは店内の混雑に対応するため、那覇から臨時で女性従業員を呼び寄せるなど臨時シフトを組んでいた。だが「今年はそれも必要なさそう」(関係者)。チームの“名護離れ”の影響は、街の中に少しずつ表れ始めているようだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。