日本ハム絶対ミッション「大谷を隠せ」 バージョンアップ二刀流! 新球は見せるな! (1/2ページ)

2016.02.19

大谷は名護入り早々にキャッチボール。時差ボケを吹き飛ばした
大谷は名護入り早々にキャッチボール。時差ボケを吹き飛ばした【拡大】

 日本ハムが17日午前、1次キャンプ地の米アリゾナ州ピオリアからチャーター機で沖縄入り。18日から名護で2次キャンプを張るが、チームのメーンテーマは“二刀流”大谷翔平投手(21)に関する情報の死守にある。21日のロッテとのオープン戦(名護)を皮切りに今季開幕へ向けた実戦が本格的に始まる中で、各球団のスコアラー陣が到来。生き馬の目を抜くような007たちの目から、バージョンアップしたエースを守ることが大命題だ。 (片岡将)

 アリゾナとの気温差は実に13度。16時間の時差や14時間のフライトの疲れも見せず、大谷は2次キャンプの地・名護で2年目右腕・有原とランニング、キャッチボール、ウエートトレなどで約3時間、しっかりと汗を流した。

 「思ったより寒かったですが時差ボケはそれほどでもない。ある程度、時間は計算して機内で寝ていたので。まだ寝ようと思えば寝られます。向こう(アリゾナ)ではどうしても自由に練習できる時間が少なかったですが、こちらでは自分のペースでいけます」

 米パドレスの球団施設で行った1次キャンプでは、紅白戦の他は韓国ロッテやNCダイノスとの練習試合を行った。球場には大リーグ30球団のフロント幹部やスカウトが押し寄せ、将来のメジャー移籍を視野に入れている21歳を視察。“大谷品評会”の様相となった。

 だが、国内に拠点を移した2次キャンプでは一転、チームの課題は“大谷隠し”となる。

 今月中にはロッテとのオープン戦(名護)や阪神との練習試合(宜野座)など5つの対外試合が組まれている。当然ながら、球界関係者の関心は大谷の国内での実戦登板に集まる。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。