野球賭博の全容解明は「長期戦になる」 B氏と笠原元投手への接触難航

2016.03.13

調査委員会の大鶴基成委員長
調査委員会の大鶴基成委員長【拡大】

 調査委員会の大鶴委員長は11日、都内のNPB事務局で熊崎コミッショナーと打ち合わせ。その後、巨人・高木京の野球賭博の一件と事件の全容解明は切り離す見通しであることを明かした。

 「高木選手の方は正直に話していると思うので、それほど時間はかからないと思う」と語り、25日の開幕戦までに調査を完了できる見通しを示唆した。だが、高木投手の賭博の相手とされる全貌解明のキーマン、B氏と仲介した笠原元投手に対する接触は依然難航していることを明らかにした。

 「両方にコンタクトを取り続けているが、連絡が取れない。その他に(野球賭博が)あるのかどうかは時間がかかるかもしれない」と、B氏、笠原氏とは連絡がつかず、全容解明は長期戦になることを認めた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。