保釈の清原和博被告「一から出直し、必ず更生する」 持病の治療で入院

2016.03.17

 保釈された清原和博被告を乗せ警視庁を出る車。左奥は道路を封鎖する警察車両=17日午後6時52分
 保釈された清原和博被告を乗せ警視庁を出る車。左奥は道路を封鎖する警察車両=17日午後6時52分【拡大】

 東京地裁は17日、覚せい剤取締法違反(所持、使用)罪で起訴された元プロ野球選手清原和博被告(48)の保釈を許可した。保釈保証金は500万円で、清原被告は現金で即日納付し、保釈された。同日午後6時50分ごろ、車で東京・霞が関の警視庁本部を出た。

 清原被告は弁護士を通じて「心よりおわび申し上げます。皆さまを裏切ってしまったことを深く後悔するとともに、一から出直し、必ず更生することを決意しています」などとするコメントを出した。直筆のサイン入りで、持病の治療で入院するとしている。

 清原被告を乗せた車は後部座席の前にシートが掛けられ、様子をうかがうことはできなかった。

 清原被告は2月2日に現行犯逮捕された。地検は2月23日に所持罪、3月15日に使用罪で起訴し、弁護人が16日に地裁に保釈を請求していた。地裁は、逃亡や証拠隠滅の恐れがないと判断したもようだ。

                  ◇

 清原被告のコメント全文は以下の通り。

 皆さまへ

 このたびは、私の犯した罪により、関係者の皆さま、ファンの皆さまをはじめ、たくさんの方々にご迷惑とご心配をおかけしてしまったことを、心よりおわび申し上げます。

 本来であれば、保釈された直後にも、皆さまの面前でおわび申し上げたいと考えておりました。

 しかし、警視庁から、周辺道路の安全を確保する必要があり、そのような振る舞いは差し控えるようにとご指導をいただきました。

 そのため、周辺道路の交通妨害とならないよう、警視庁内から直接自動車で目的地へ向かいますが、持病の糖尿病等の検査・治療のためにしばらく入院させていただく予定であり、皆さまに謝罪するための特別な機会を設けることができないことを、ご理解いただければ幸いです。

 今は、皆さまを裏切ってしまったことを深く後悔するとともに、これまで応援してくださった皆さまのお気持ちに報いるためにも、一から出直し、必ず更生することを決意しています。

 必ず人の役に立つ人間になることを心に誓っております。

 いつか機会をいただき、直接皆さまに謝罪したいと切に願っています。

 2016年3月17日

 清原和博

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。