【編集局から】若手選手集結「フレッシュオールスターゲーム」 もう1人の“新人”デビュー

2016.07.22

ニッポン放送・古谷崇洋アナウンサー
ニッポン放送・古谷崇洋アナウンサー【拡大】

 14日に倉敷マスカットスタジアムで行われたプロ野球の「フレッシュオールスターゲーム」を取材してきました。

 プロ1年目の楽天・オコエやロッテ・平沢ら、球界の将来を担う若手選手が集結し伸び伸びとしたプレーを披露していました。彼らが駆け巡るグラウンドを見渡せる放送席では、もう1人の“新人”がデビューを飾りました。ニッポン放送・古谷崇洋(たかひろ)アナウンサー(22)です。

 同局では新卒でスポーツアナとして配属されたのは、実に16年ぶりとのこと。周囲は大きな期待をかけています。倉敷での試合では当初、全イースタンのベンチリポーターを務める予定でしたが、前日の朝に1イニング限定での“実況デビュー”が決まりました。

 「急な話だったので、とても驚いた」と話しますが「このチャンスを何とか生かしたいと強く思いました」。ただ初めてのことで質問のフリが“空転”。解説を務めた前ロッテの里崎智也さんから試合後「解説者泣かせやな!」とツッコミを入れられたそうです。

 「ラジオメディアで実力をつけて、将来は日本一のスポーツアナを目指します」。そう張り切るルーキーの今後に期待しています。 (運動部・山戸英州)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。