阪神、チーム浮上へ頼みの綱は高山 リードオフマン定着で猛虎打線の火付け役 (1/2ページ)

2016.07.31

チーム浮上のカギを握るルーキー高山
チーム浮上のカギを握るルーキー高山【拡大】

 阪神のルーキー高山俊外野手(23)がリードオフマンに定着し、猛虎打線の火付け役を果たしている。首脳陣の1人は「やはりトップバッターが元気だと攻撃ムードが高まる。この先も打線を引っ張ってくれればチームの浮上は可能」と大きな期待を寄せる。

 金本監督が高山を開幕時の1番に戻したのは7月22日・広島戦(マツダ)。西岡が左アキレス腱断裂で戦列を離脱したのがきっかけだった。その日、いきなり3安打。以後3試合でマルチ安打を放ち、通算打率はうなぎ上り。29日現在の・279はチームでは福留に次ぐ好成績だ(規定打席到達者)。

 「とにかく打撃術には新人離れしたものがある。一発があれば3番に据えてもいいが、イチローのようなヒットメーカーだから1番に固定するのが最適と思う。若手の能力の見極めが続くなか、高山の実力は抜きんでている」と、阪神OBは「超変革」の旗手と位置づける。

 もっとも、ここまで順風満帆できたわけではない。7月初旬には調子を崩し、5試合連続でスタメン落ち。その間には休日返上で金本監督から打撃指導を受けるなど、復活をかけて汗を流した。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。