谷繁“ノムさん戦術”に中日ビクビク 来季年俸1億円支払いへ 突然の休養劇「真相ぶちまけてやる」 (1/2ページ)

2016.09.01

野村克也氏
野村克也氏【拡大】

 セ・リーグ最下位の中日は、30日・阪神戦(ナゴヤドーム)に9−3で勝ち2連勝。一方で4年契約で3年目の今季途中に休養させた谷繁元信監督(45)に対し、球団側が来季分の年俸を支払う方針だという。

 同時に就任した落合博満GMが、谷繁監督と4年契約を結んでいると明言していたから当然と思われるだろう。だが契約で付帯条件の細部まで煮詰める大リーグと違って、日本球界はアバウトなケースが少なくない。

 実際、昨年に白井文吾オーナーが「(谷繁監督の)契約は聞いている話と違う」と発言し騒動となった。最終的に同オーナーが「調べてみたら勘違いだった」と訂正。自ら幕引きした。

 そんな経緯がある上、休養劇が起こしたファンのブーイングなどの余波を考えれば、支払わざるを得ないだろう。寝耳に水の休養指令に激怒した谷繁監督は「時がきたら真相をぶちまける」と親しい球界関係者に漏らしたというからだ。

 シーズン中は沈黙を守っても、オフに真相を激白すれば大騒動になるのは必至。1億円といわれる来季分の年俸を支払うのは、“口止め料”の意味合いを感じる。そうなると思い出すのが楽天監督時代の野村克也氏の“笑撃的事件”だ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。