G小林誠、捕手2冠射程 打率1割台で終われば82年山倉以来の“怪挙” (2/2ページ)

2016.09.03

巨人の“正妻”小林誠の課題は打撃だ
巨人の“正妻”小林誠の課題は打撃だ【拡大】

 ゴールデン・グラブ賞にはたまに『該当者なし』のケースがあるが、ベストナインは必ず全ポジションから選出される。規定打席クリアは条件ではないが、昨季はセの捕手でただ1人突破したヤクルト・中村がダブル受賞している。

 「(両賞を)取らせてやりたいですね」とは小林誠を指導する村田善バッテリーコーチ。「まだまだ足りない部分もありますが、今季はリードにはっきりした意図、戦略が見えますし、投手との意思疎通もできるようになっている」と成長を認める。

 首位・広島をけん引している36歳のベテラン・石原を推す声もあるが、スタメン出場は74試合にとどまっており、同42試合の会沢らと併用されている。

 巨人の“正妻”は残り試合でどこまでアピールできるか。当然ながら打率は2割台にとどめた方が印象はいい。 (宮脇広久)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。