阪神・金本監督、FA糸井“無期限”返答待ちも…くすぶる若手の課題

2016.11.16

金本監督は糸井からの返事を気長に待つ姿勢を示している
金本監督は糸井からの返事を気長に待つ姿勢を示している【拡大】

 阪神・金本知憲監督(48)が、国内フリーエージェント(FA)権を行使し入団交渉中のオリックス・糸井嘉男外野手(35)について“無期限”で返答を待つ姿勢を示している。

 「(返事の期限は)決めていない。信じて待つしかないね」

 11日に自ら出馬し初交渉を行った指揮官は、「(今季は)2ケタ本塁打(17本)打ってるんだから1番はもったいない。(バントせずに)攻める2番が理想」と早くも打順の構想まで練っている。

 自身は2002年のオフ、広島から阪神へFA移籍。「俺は10月末まで(に決断する)と期限を決めた。俺、イラち(せっかち)やから」と振り返ったが、こと糸井に関しては「穏やかに待ちます」。この日も糸井側から球団への連絡はなかったが、はやる気持ちを抑えて吉報を待つ構えだ。

 球団OBは「監督は相当な手応えを感じての余裕の発言だね」とみる。その上で「肝心なのは来季、若手がどれだけ外野のレギュラー陣に割って入る意欲を維持し続けられるかだ」という。

 「糸井が入団すれば外野の一角は埋まる。今季右翼を守り続けた福留もいるから、残るは左翼の1枠だけになる」

 とはいえ、空いてる左翼狙いだけでは「定位置を奪えない」という。

 「来季40歳シーズンを迎える福留に成績で上回ろうとする若虎が出てこないとね」。ベテラン2人が外野の定位置を占めたままだと「厳しい戦いを強いられる」と予測する。糸井の加入が決まれば決まったで、新たな課題も出てくるのだ。 (山戸英州)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。