【編集局から】甲子園球場、いつもと違う“非日常”を感じた「12球団合同トライアウト」

2016.11.18

「12球団合同トライアウト」が行われた甲子園球場
「12球団合同トライアウト」が行われた甲子園球場【拡大】

 阪神の秋季キャンプ(高知)、オリックス・糸井の国内FA獲得交渉(大阪)と、取材で東奔西走しております。その合間の12日には、甲子園球場で「12球団合同トライアウト」が行われました。

 普段、タイガース担当として日々通っている球場ですが、足を踏み入れた瞬間から、いつもとは違う「非日常」を感じました。

 出場選手受付には水色の封筒。よく見ると、警視庁機動隊の採用案内の書類でした。戦力外通告を受けた選手は、他業種への「転職」の2文字も念頭にプレーしなければならないのです。

 それでも、スタンドに目をやるとトライアウト史上最多の1万2000人の観衆が詰めかけていました。運営担当者は「1万人は想定していたが、ここまでとは…」と驚愕。ある球団の編成担当者は「この場で現役最後を迎えられるのは、ある意味では幸せなのかも」と話しました。

 参加者の中で私が最も気になったのは、前ヤクルトの新垣渚投手(36)。かつて剛速球で鳴らした、松坂世代の右腕は「この年齢になると、あらゆることを“覚悟”しています」。吉報が届くことを祈ります。 (運動部・山戸英州)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。