台湾の関心は巨人戦 陽岱鋼、WBC不参加表明で費用対効果は高そう (1/2ページ)

2017.01.27

スターの陽が行く所に、台湾のファンの視線は集まる
スターの陽が行く所に、台湾のファンの視線は集まる【拡大】

 辞退者が相次ぐワールド・ベースボール・クラシック(WBC)台湾代表。巨人・陽岱鋼外野手(30)まで不参加を表明し、台湾の「球迷」(野球ファン)の関心はもはや巨人戦に移る?

 台湾メディアが「陽はWBC不参加」の一報を打ったのは、25日午後2時過ぎ。台湾の野球協会から出場要請を受けた巨人が陽と相談の上、正式に回答した数時間後で、その早さに球団関係者も驚いた。それだけ陽の出場の可否は、母国の重大関心事だったといえる。

 先だってこの日午前、自主トレで川崎市・ジャイアンツ球場に来た陽は明言を避けつつ、「移籍して1年目。チームに慣れるまで時間がかかる。まずケガをしない体を作りたい」と慎重な姿勢を示していた。球団関係者も同様の理由を挙げた上で、「選手と話し合い、最終的に球団から辞退をお願いした」と経緯を明かした。ただこうした説明は、非協力的な姿勢に失望した同胞から陽がやり玉に挙げられぬよう、球団が盾になろうという配慮とも考えられる。

 いずれにせよ、選手招集が難航し「歴代最弱」の呼び声もある台湾代表にとって、陽まで呼べないのは大打撃だ。米球界からはマイナーリーガー1人しか呼べず、国内4球団で最強のラミゴは集団ボイコット。3月7日から韓国、オランダ、イスラエルと上位2位を争う1次グループA組の勝算はさらに低くなった。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。