台湾でも陽の巨人戦中継へ…主催71試合分の契約間近 もうけ度外視、球団関係者の思惑 (2/2ページ)

2017.02.20

母国の台湾から熱視線を浴びる陽だが、目下3軍で調整中
母国の台湾から熱視線を浴びる陽だが、目下3軍で調整中【拡大】

 台湾の一部報道によれば、放映権料はしめて3000万円と格安。日本なら地上波の1試合分相当だ。巨人球団関係者は「台湾は人口2300万人に対して、ケーブルテレビが300チャンネルもあり供給過多。1番組の単価はどうしても安くなる」と事情を説明。放映権でのもうけは度外視して、まずは陽をテコに台湾での巨人ブランド浸透を優先する構えだ。

 なお、セ・リーグ他球団が主催する残り54試合分は、台湾で視聴できるかはまだ不透明。放映権を一元管理できるパ・リーグと違い、セは各球団ごとの交渉となる。

 巨人のユニホームを着た陽の雄姿に、母国のお茶の間から声援を送る環境は徐々に整いつつある。ただ肝心の本人は宮崎1次キャンプ中の9日に下半身の張りを訴え、那覇2次キャンプに帯同せず。宮崎に残留して3軍キャンプに合流し、調整を続けている。母国メディアのせっかくの熱意を無駄にしないためにも、開幕から1軍でエンジン全開のプレーを望みたいところだ。 (笹森倫)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。