ソフトバンク・松坂に意外な“争奪戦” グラブ、スパイク独占契約巡り4社が激突 (1/3ページ)

2017.02.23

西武時代はミズノ、レッドソックスではナイキのグラブを愛用。今年はアシックス製などを試している(左から)
西武時代はミズノ、レッドソックスではナイキのグラブを愛用。今年はアシックス製などを試している(左から)【拡大】

 3年契約の最終年。背水の陣に臨むソフトバンク・松坂大輔投手(36)は一進一退の調整ぶりだが、その裏で意外な“争奪戦”が繰り広げられている。今季使用するグラブ、スパイクを巡り4社が独占契約を狙って用具を提供。鷹投の先発ローテーション同様、こちらの争いもし烈だ。平成の怪物の商品価値は、まだまだ捨てたものではないことが証明された。一方、松坂はグラブへの深いこだわりを夕刊フジに明かした。 (塚沢健太郎)

 これまで若手中心のB組で調整を続けてきた松坂は21日、主力が集まるA組に合流。いよいよピッチを上げるべき時期がやってきた。

 この日はキャッチボールで調整したが、ブルペンさながらの本気度で、かなり強めに投球する場面があった。

 室内での練習が終了し引き揚げる際、前を歩いていた4年目の中継ぎ右腕・森にトレーニング用の小さいボールをぶつけようと投げたが、それて森の右を歩いていた寺原の頭を直撃。

 「ごめんテラ(寺原)! 森に当てようと思ったら、きれいにテラの頭に…」と見事な“危険球”に平謝り。思わぬところで調整不足(?)を露呈した。

 そんな松坂の左手には朝のキャッチボールでは赤いミズノ社製、午後は黒いスラッガー社製のグラブがはめられていた。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。