大阪桐蔭と履正社は選手集めでもライバル 「最終的にプロ」「大学進学前提」の違いを徹底比較 (1/2ページ)

2017.04.04

大阪桐蔭は2012年に藤浪(現阪神)を擁し春夏連覇して以来、5年ぶり2度目の優勝
大阪桐蔭は2012年に藤浪(現阪神)を擁し春夏連覇して以来、5年ぶり2度目の優勝【拡大】

 史上初めて大阪勢同士の対戦となったセンバツ高校野球の決勝(1日)は、大阪桐蔭が履正社を8−3で下し5年ぶりの優勝を飾ったが、両校は選手集めでもライバル。「大阪桐蔭か履正社か、どっちに行こうか迷った」という選手も多い。

 履正社の岡田龍生監督(55)は「今は子供の数が減っていて、どこも(選手の)取り合いです。寮に行こうと思う子は桐蔭さん、家から通いたいという子はウチに来るんとちゃいますか」と分析する。

 両校とも野球部の生徒はスポーツクラスに所属するが、寮がない履正社に対し、大阪桐蔭は地元出身の選手を含め全員が寮生活。授業や練習の方針も対照的だ。

 岡田監督は「今の時代ですから『野球だけしとったらエエよ』とは一切言っていない。偏差値の高い大学は成績のハードルが高く、英語の単位数はどれぐらいかとかも聞いてくる。大学も『スポーツさえできればいい』というのはなくなっている」と大学進学を前提に学業を最優先。午後8時半にグラウンドを出発するスクールバスに乗れるように練習を終了。朝8時15分からの英単語、漢字のミニテストは、野球部員を含む全校生徒が義務づけられている。

 「今でも『野球だけしとったら、勉強なんかせんでもええ』というお父さんがおるけど『時代が違いますよ』と早めに説明するようにしている」と学業をおろそかにすることは許されない。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。