元阪神チーフスコアラーが語るグラウンド内外の情報戦

2013.06.11


三宅博(著)「虎のスコアラーが教える『プロ』の野球観戦術」(祥伝社)【拡大】

 ■「虎のスコアラーが教える『プロ』の野球観戦術」三宅博著 (祥伝社)

 著者は阪神で25年間、北京五輪の星野ジャパンでもスコアラーとして尽力したベテランだ。バックネット裏から、選手の弱点やクセといった“情報”を収集するのが仕事。しかし、具体的にはどういう視点で分析するのかあまり知られてはいない。

 たとえば、バントや盗塁のブロックサイン。三塁コーチから出されるケースが多いが、流れるようにサインを出すコーチから盗むのは難しい。そこで著者の場合、まず“影武者”をみつける。中日なら監督の近くが定位置の小田幸平捕手。ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の侍ジャパンでは、梨田昌孝ヘッドコーチがその任にあったという。

 「何かありそう」と思ったときに注意深くベンチをみると、影武者の動きからサインを盗むことも可能だという。野球が高度な情報戦であることを、改めて認識させられる。

 一方、スコアラーという職業は“インサイダー”としての情報収集能力も高い。阪神・野村克也監督と当時の久万俊二郎球団オーナーの激しいバトル、藤川球児の後継守護神に久保康友投手が選ばれた理由など、表舞台にはなかなか出ない話が辛口で語られる。

 そのほかWBCの重盗失敗に隠された秘密、巨人攻略のポイント、日本球界の最強ストッパーは誰か−がスコアシートを用いて解説される。

 野球観戦も“プロの視点”を持ち込むと、新たな発見ができそう。そのためのヒントがちりばめられている。 (田中一毅)

■関連記事
 ⇒【読むスポーツ】松井秀喜氏は類いまれなる“発信者”
 ⇒【読むスポーツ】本当に「英語」を話したいキミへ GK川島、独自の英語習得法

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!