遠藤のオイシイ懸賞を狙え 高見盛と同じ現象に苦悩

2014.07.18


豪風のはたき込みに遠藤がバッタリ【拡大】

 相撲人気が盛り返してきた。場所前の段階で前売り券の売り上げが去年より8000万円も上回った。名古屋場所担当部長の千賀ノ浦親方(元関脇舛田山)は「番付発表からの1週間だけで5000万円アップです。自分たちもビックリしていますよ」と目を細め、その原因をこう分析する。

 「久しぶりに3横綱が誕生、稀勢の里も勢いを取り戻してきたなど、いろいろありますが、やはり遠藤効果でしょう。近場の石川県出身ということもあって、ファンの関心は想像以上。ありがたいことです」

 それを如実に示しているのが取組にかかる懸賞だ。初日とこの日は結びの白鵬戦に次ぐ本数がかかり、2日目、3日目はその白鵬戦を上回って幕内NO・1。平幕力士にこんなに懸賞が殺到するのはまさに異例だ。

 ところが、皮肉なことにこれが遠藤には逆風に。現役時代「平幕の懸賞王」と言われた高見盛の師匠、先代東関親方(元関脇高見山)はこう嘆いたことがある。

 「ある力士にこう言われたよ。今まで最高に取った懸賞は2本だった。ところが、高見盛に勝ったら10本ついてきた。こりゃ、横綱に勝つより高見盛を倒す方がずっと楽でいいやって。みんな、高見盛には懸賞目当てに目の色を変えて向かってくる。厳しいですよ」

 これと同じ現象が遠藤にも起こっている。初日、パワーに圧倒された照ノ富士は明らかに懸賞目当てで「今日は勝ち星より懸賞狙いだった」と白状している。

 この懸賞ハンターたちの攻めをハネのけるにはガムシャラにいくしかない。見栄や外聞を気にしてはいられないのだ。しかし、それに徹しきれないのが入幕6場所目の未熟さかもしれない。この日も豪風の狙い澄ましたようなハタキに付いていけず、両手を着いた。

 これで3敗目。支度部屋では目をつぶり、何も答えなかったが、このドロ沼から抜け出せるか。苦闘は続く。 (大見信昭)

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。