錦織、クレーコートに自信 欧州メディア「さらに勝ち進むだろう」 全仏OP

2015.05.28


バックハンドを打つ錦織(共同)【拡大】

 テニス「全仏オープン」第4日(27日、パリ・ローランギャロス)

 男子シングルス2回戦で、第5シードの錦織圭(25)は世界40位のトーマス・ベルッシ(ブラジル)にストレート勝ちし、2年ぶり2度目の3回戦進出を決めた。好調のベルッシを下したことで、クレー(赤土)コートの戦いにますます自信を深めたようだ。

 「クレーに強い選手なのでいつもより緊張した。第1セットはどっちに転んでもおかしくなかったが、取れたのが大きかった」

 第2、第3セットも先行したあと食い下がられたが、流れは錦織。ポール回し、ドロップショット、ロブなど多彩な技で観客を魅了した。引き揚げる際には、中継のカメラのレンズに「めんどうくさかったから」と漢字で「圭」とサインしてみせた。

 錦織は「今はクレーコートに自信がある。肉体的にも精神的にもいい状態で、集中できている」。今年の全仏は、例年よりもさらに球足が遅いといわれているが、「嫌いじゃない」と話しており、早めに仕掛ける戦略で、持ち味のストローク力が十分に発揮されているのは心強い。

 「ダークホースの錦織はさらに勝ち進むだろう」と報じた欧州メディアもあった。

 3回戦の相手は世界48位のベンジャミン・ベッカー(33、ドイツ)。昨年10月の楽天オープンではフルセットで勝っている。「攻撃力があり、サーブもいい。特にバックハンドがいい」と警戒したが、今の錦織なら問題はないだろう。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。