【編集局から】スタン・ハンセンさんに失礼なきよう質問したら…

2015.11.19


スタン・ハンセンさん【拡大】

 先日、元プロレスラーのスタン・ハンセンさんにインタビューする機会がありました。

 写真学校の学生だった私は1981年秋、今はなき田園コロシアムで行われたアンドレ・ザ・ジャイアント対ハンセンを観戦しました。新日本プロレスがわが世の春を謳歌していた時期で、さまざまな好カードが組まれたのですが、中でも2人の超大型対決はこの日の目玉。期待を上回るド迫力のぶつかり合いに、大いに興奮したものです。

 実は、ハンセンさんに会ったらどうしても聞きたいことが一つありました。第6試合のタイガーマスク対エル・ソラール戦。アクシデントでソラールが肩を脱臼、期待された試合が尻切れトンボぎみに終わってしまったのです。バックステージでソラールの様子はどうだったのか。予期せぬ事故に控室は混乱状態だったのでは?

 34年も昔の話です。66歳になったハンセンさんに、くれぐれも失礼なきよう、さんざんアンドレ戦の話をした後、ついでのように聞いてみたのです。

 すると、それまでにこやかに話していたハンセンさんの表情が一変! さらににこやかになり、「アンドレ戦に集中していたので、他の選手のことまで覚えていないよ」と、私の肩を2度、たたいてくれたのでした。(志和)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。