押切美沙紀が初V オランダ選手との競り合い制す スピードスケートW杯

2015.12.14


押切美沙紀(共同)【拡大】

 スピードスケートのワールドカップ(W杯)第4戦最終日は13日、オランダのヘーレンフェインで行われ、女子マススタートで押切美沙紀(23)=富士急=が優勝した。W杯個人種目初勝利。高木美帆(日体大)は6位だった。

 オランダ選手との競り合いを制し、押切は「あんなにきれいに(後続と)離れるとは思っていなかった。最後はぎりぎりだった。勝てて良かった」とはにかんだ。レース中盤から2人が飛び出す展開。後続集団に残った高木が機転を利かせてうまくけん制し、押切をアシストした。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。