またかよ!稀勢の里 逆転優勝ムードも栃ノ心に敗れ“肩透かし” (1/2ページ)

2016.11.26

3日連続で横綱に勝った稀勢の里(右)が一転、平幕の栃ノ心に完敗
3日連続で横綱に勝った稀勢の里(右)が一転、平幕の栃ノ心に完敗【拡大】

 期待させておいて、次の瞬間、シラけさせる。稀勢の里(30)のこういう場面をもう何度見たことだろうか。

 あれは4年前の夏場所千秋楽。11日目を終えて後続に2差もつけて突っ走っていたのに、翌日から失速し、とうとう優勝決定戦にも進出できなかった。

 肩を落として引き上げてきた稀勢の里はいまにも泣きだしそうな顔で「しゃあない」と「クソーッ」の二言を漏らしただけで、あとはジッと宙をにらんでいた。それからおよそ2週間後、ようやくこのときの心中を吐露した。

 「全力でやった結果ですから。いい経験をしました。いつか、あのときにああいうことがあったからこうなった、という肥やしにしたいですね」

 しかし、いっこうにその肥やしが効かない。この日の一番も肥やし不足を絵に描いたようだった。相手は先場所、立ち合いに変化されて手痛い1敗を喫した栃ノ心(29)。警戒して立ち合いが甘くなったところを相手十分の右四つになられ、最後は右からの下手投げを食って思い切りひっくり返った。横綱を3タテした前日までとは手のひらを返したような結末に、場内のファンは呆然(ぼうぜん)。二所ノ関審判部長(元大関若島津)も「なんで(こうなるんだ)」と声を失っていた。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。