【ジーコの想い】チャリティーマッチへの想い (1/2ページ)

2016.01.13


現役時代には実現しなかったジーコとロマーリオの貴重な2ショット((C)ZICONAREDE)【拡大】

 ブラジルサッカー界は12月から1月にかけてがオフ。この期間、国中でサッカーのチャリティーイベントが行われる。

 ジーコがブラジルでチャリティーマッチを始めたのは日本代表監督時代の2004年末のことだ。「成功への近道なんて、偉そうなことは言いたくないけど、コツはひとつだけある。何事も一心不乱にやっていくことだよ」と言ってスタートさせた。

 リオデジャネイロにある自身のサッカーセンターで、スポンサーなしの手弁当で始めたイベントは、ジーコの思いに応えて年々支援者が増え、場所が手狭となって08年からはブラジルサッカーの殿堂「マラカナン・スタジアム」で行われている。

 ちなみに14年ブラジルW杯前の2年間は改修工事のためサンパウロのモルンビーで行われたが、日本の野球でいえば、巨人の元スター選手が甲子園でチャリティーマッチを行ったようなものだ。

 毎年5万人近い観客を動員。09年には“ブラジルサッカー史上最大の犬猿の仲”といわれていた元代表ストライカーのロマーリオに、ジーコから声をかけて7万5000人の大観衆をマラカナンに集めた。これは同国サッカー史上、チャリティーマッチの最多動員でいまだに破られていない記録だ。試合の模様は毎年、テレビで生中継され、収益は日本円で2000万円近くになる。

 今年3月に63歳となるジーコは「年を重ねるたびに思うことがある。世の中が混沌としていく中で、将来あれをやろう、こうしようとか考えて動いてもその通りになったためしがない。でもやると決めたことは最後までやり続ける。それがオレのやり方さ」とつぶやいた。チャリティーマッチはその1つなのだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。