日テレの「女帝」木村優子アナが異動 局内でざわめき起きる

2014.06.16

 6月は多くの会社で人事異動の季節だが、日本テレビではある女性幹部の人事に、局内の各所からざわめきが起きた。

 「局員向けに発表された人事異動のペーパーを見て、思わず“あっ”と声が出ました。アナウンス部の部長として絶大な権力を持ち、“女帝”“氷の女王”とまで呼ばれていた木村優子さん(53)が、突如として子会社に出向となったのです」(日テレ社員)

 日テレは現在、絶好調。3月末に発表された昨年度視聴率では全日・ゴールデンでトップとなり、それ以降も快走を続けている。「今年はテレ朝を大きく引き離すはず。視聴率四冠の奪還も夢ではない」(日テレ関係者)ともっぱらだ。

 そんな中での、突然の大型人事−−。いったい何があったのか。

 木村アナの欄にはこう記されていた。

 <編成局アナウンスセンターアナウンス部担当部長(部次長待遇 管理職資格)→グループ戦略室出向局次長(現職出向)(株)日テレイベンツ(部長待遇 管理職資格)>

 日テレ社員が続ける。

 「普通に考えれば、これで木村さんは会社の出世コースから外れた。本人にとっても不本意な人事だろう。

 これまで彼女は、報道局解説委員、広報局宣伝部次長、コンプライアンス推進室視聴者センター部長など重要部署の中枢を歴任し、2010年からアナウンス部長に就いていた。

 女子アナの番組配置にも絶大な権限をもっていて、社内では“出世街道を登り詰める存在”と誰しも思っていた」

 ※週刊ポスト2014年6月27日号

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。