ビートルズ祭り 本物そっくり!ライブ続々上演 専門カラオケ店も

2015.11.13


シェイ・スタジアムのライブも再現される「LET IT BE」((C)Paul Coltas)【拡大】

 解散から45年…。伝説のロックバンド、ザ・ビートルズがいま熱い。先日、米国のオークションでジョン・レノンがデビュー時に使用していたという米ギブソン社製のギターが241万ドル(約3億円)で落札された。ロック分野の競売では史上最高値というが、熱いのは海外だけではない。

 日本には“ビートルズがやってくる”!? 欧米で大絶賛されたトリビュートライブ「LET IT BE」(18〜22日、東京国際フォーラム・ホールC)は圧倒される。

 「抱きしめたい」「ヘルプ」など誰でも知っている名曲約40曲が目の前で奏でられる。衣装やパフォーマンスなども時代を忠実に再現されている。まるで本物のビートルズがそこにいるかのようだ。

 さらにビートルズと容姿がそっくりの“完コピバンド”「THE RETURN」も来日。こちらは13日(大阪・新歌舞伎座)でスタートし、全国ツアーを展開する。

 ビートルズの名曲をギターとピアノで弾き語る公演「LENNON」(12月8〜13日、東京・EXシアター六本木)。単なるトリビュートやモノマネでもない。ジョン・レノンの素顔が暴かれる舞台はファン必見だろう。

 来年は、ビートルズ日本公演50周年。巷では、最新技術でよみがえった映像・音源の2枚組「ザ・ビートルズ1」(ユニバーサル)が飛ぶように売れ、オリコンの週間アルバムランキングで1位を獲得したほど。

 ビートルズ専門カラオケ店も登場するという熱狂ぶりだが、“ビートルズマニア”で有名な小倉智昭氏はいう。

 「私にとってビートルズは日常的存在で、記念日とか周年という感覚はない。毎日がそう…」

 “生き続けるレジェンド”は永遠なり。オジさんたちには、垂涎の晩秋となりそうだ。 (清水満)

 各公演の問い合わせ先は次の通り。
 ■「LET IT BE」=サンライズプロモーション東京((電)0570・00・3337)
 ■「THE RETURN」=日本公演事務局(フリーダイヤル0120・131・213)
 ■「LENNON」=キョードー東京((電)0570・550・799)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。