迷惑すぎるマッコリ 「竹島の日」に不条理を象徴するアイテム漂着

2016.02.26

「鬱陵島カボチャマッコリ」。ロゴは、明らかに竹島のシルエット
「鬱陵島カボチャマッコリ」。ロゴは、明らかに竹島のシルエット【拡大】

 22日は、島根県が条例で決めた「竹島の日」だった。竹島の住所は島根県だが、武装した韓国の海洋警察が居座っているため、日本人は近づけない。そんな不条理を象徴するアイテムが漂着した。

 「鬱陵島カボチャマッコリ」のボトル。鬱陵島は竹島から約88キロの位置にあるが、竹島への遊覧船が発着して賑わっているらしい。マッコリの製造元「鬱陵私たちの酒(株)」のロゴは、明らかに竹島のシルエットだ。

 まさに「人のふんどしで相撲を取る」、その上、空ボトルが日本海沿岸に漂流してゴミになる……。日本は二重三重の迷惑を被っている。  (金正太郎)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。