経営者目線

ワタミ「天才のり弁」で2600億円市場をとりにいく!! 東京都の飲食店が今いちばん苦しい状況1/2ページ

一部のから揚げの天才で「のり弁」の販売を開始。春から全店で販売する
一部のから揚げの天才で「のり弁」の販売を開始。春から全店で販売する

都内の感染経路の50%が家庭内感染なのに外食は4人以内までと、東京都の小池百合子知事は飲食店の経営を圧迫させる要請を出す。専門家はすぐ外食を悪とする。4人以上の会食で、どれだけ感染者が増えるのか「科学的根拠」を示すべきだ。

都知事や専門家のメッセージで、感染者数に比例して、飲食店の客足は減少しており大打撃だ。東京都などでは現在、蔓延(まんえん)防止等重点措置も緊急事態宣言も発令されておらず、協力金はない。この状況が一番経営にとって苦しく、このままでは都内の飲食店はバタバタと閉店していくだろう。

岸田文雄首相は新型コロナウイルスを「インフルエンザ相当の5類」に位置付け経済をまわす方針を明確にするべきだ。もしくは、十分な補償をセットにした上で、時短要請や休業要請を守らない店に「強制力を持たす法整備」を行い短期間で感染を収束させる方針を出すべきだ。いずれも総裁選の前には声高に発言していたことであり、決断実行して頂きたい。

飲食店逆風の中だが、ワタミが展開する「から揚げの天才」では新しくのり弁を販売することにした。から揚げの天才は、日本の外食チェーン史上最速で100店舗を達成した。しかし、ここでもう一段攻める。国内にはコンビニや「ほっともっと」をはじめ、約2600億円の弁当市場がある。もはや、から揚げ市場だけを見ていない。こうした厚みのあるレッドオーシャンを攻めるのがワタミの得意とする戦略だ。

zakスペシャル

ランキング

  1. 消えたはずの「日の丸」が映画本編で復活 27日公開「トップガン」続編 予告編ではトム・クルーズのジャケットが別マークに修正も

  2. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】「AL―MAUJ」誕生の真実 シングル化が遅れ…佐藤さんのアルバムに 「『難破船』に続いてまたカバー曲か」は正直心外

  3. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  4. プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認

  5. 「竹島専従」新型調査船が就航 韓国に関係改善の意思なし? 外交ルートで抗議も相次ぐ反日暴挙 実効支配強化が加速する恐れ

  6. 【スポーツ随想】物言いに尻込む新米審判たち 大相撲夏場所、際どい場面も手を挙げず…ついに八角理事長から〝物言い〟 いまや宝の持ち腐れのビデオ導入

  7. 北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる

  8. 豪・印に懸念材料 QUAD首脳会談 「親中の歴史」豪労働党への不信で亀裂も 経済制裁に参加せず密接なインドとロシア

  9. 【日本の核戦略】習政権がプーチン氏のように核恫喝に出たら…逃げ回っていた日本政府に答えはない 〝台湾有事〟で戦線離脱すれば日米同盟は即死

  10. 浦和サポーター「声出し問題」クラブに丸投げ 野々村チェアマン“大甘裁定”で違反増長か お家芸のルール違反「埼スタ怖くて行けない」の声