令和を変える! 関西の発想力

世界初の乗り物「DMV」の導入秘話 難条件をクリアできた理由は…? 徳島県・阿佐海岸鉄道1/2ページ

バスにも鉄道にもなるDMV。徳島県内で運行されている
バスにも鉄道にもなるDMV。徳島県内で運行されている

関西とは、どのエリアを指すのでしょう。大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山の2府4県は定番ですが、府県域を超えた行政機関「関西広域連合」では鳥取と徳島を加えた2府6県を関西と定義しています。

だったらこのコラムでも…というワケで今回は徳島県とっておきの話題をお届けします。しかも県南東部の阿佐海岸鉄道で昨年末にデビューした世界初の乗り物DMV(デュアル モード ビークル)の導入秘話! 電車とバス双方の機能をもったスーパーカーで、ある時は電車に、またある時はバスになって、アクセス不便な地域にも私たちをラクラク運んでくれます。それだけにDMVは開発当初から国内外で注目され、日本でも全国各地で試運転が繰り返されてきました。しかし実用化に踏み切ったのは阿佐海岸鉄道だけで、これが世界初というから驚きです。

ただ同鉄道は高齢化も著しい過疎地を走る第三セクター。世界が注目するスーパーカーを真っ先に導入するといったアグレッシブなイメージはありません。ではなぜDMVを走らせることができたのでしょうか。取材すると、コロナ禍で疲れた心に響く、温かいメッセージが聞こえてきました。

DMV開発の歴史は長く、半世紀前の1962年に当時の国鉄が赤字ローカル線活性化の切り札として「アンヒビアン・バス(両生類)」という名で着手したのが始まりです。鉄道にもなるバスこそ、過疎地の救世主と考えられました。その後、JR北海道で本格的な開発が行われ、何度も実証実験や試運行が繰り返されました。

zakスペシャル

ランキング

  1. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  2. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  3. 【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】年間1メートルの隆起が続く硫黄島 いずれ噴火するには違いない 現在は自衛隊と米兵だけが居住

  4. 【今からできる年金+10万円生活】早朝案件は狙い目! 定年退職後の「ハローワークでアルバイト探し」 年金プラス〝手堅い〟収入

  5. 激怒のプーチン大統領、軍指揮官を次々クビ! 内部で「隠蔽と責任転嫁の文化が蔓延」 経済では「脱ロシア」拡大、日本企業の4割が停止や撤退

  6. ロシア、略奪疑惑で〝世界食糧危機〟 組織的にウクライナ産穀物の転売画策か 2月下旬以降40万トン盗難、小麦価格が急騰

  7. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  8. 【日本の誇り 安倍晋三】防衛費大幅増で自国守る「意思」示せ! バイデン大統領来日 韓国、安保で認識一致も竹島調査船は残念 日銀「子会社」発言は比喩的な表現

  9. DAIGO“政界進出”あるか 芸能界一の好感度、最近話題の暴露系ユーチューバーも人柄の良さを称賛 本人は「120%ないです」

  10. 【日本の解き方】バイデン政権提唱のIPEF TPPの代替にはならないが、対中包囲網強化は期待できる