記事詳細

【高須克弥 Yes!高須のこれはNo!だぜ】“ネット陰謀論”にやっとメス YouTubeがワクチン偽情報の投稿削除…チャンネル停止の措置も (1/2ページ)

 動画サイトのYouTubeが、ワクチン全般に関する偽情報の投稿を禁止する方針を打ち出した。新型コロナウイルスワクチンも含まれる。動画の削除だけでなく、チャンネル停止の措置をとったケースもあるようだね。

 ボクとしては、もっと早くやるべきだったと思う。コロナワクチンをめぐって陰謀論みたいなのがやたらと拡散されていたからね。「ワクチンを打つと不妊になる」みたいなやつだ。こうした“ネット陰謀論”の発信者自体はごく少数なんだけど、その投稿が次々と拡散されて、多くの人の目に飛び込むようになるんだ。

 インターネットはスマートフォンの普及とともに急速に進化していったが、飛び交う情報は玉石混交だ。一見するだけで重大ニュースなのかフェイクなのかを見抜くのは難しい。ただの偽情報なのに「これこそが隠されていた真実だ」と影響を受けてしまう可能性もある。

 今の若い人たちにとっては、何か分からないことがあったらまずSNSやYouTubeの投稿をチェックするというのが当たり前。だからこそ、ネット陰謀論には注意しないといけない。

 ネットで読み物というと以前はブログが主流だったけど、今では古本みたいな存在。「人気ブロガー」という言葉も使われなくなったね。

 コロナワクチンについてはかなり情報が行き渡ってきているし、現実に新規感染者数が減るなど効果が現れているから、今さら陰謀論を展開して金もうけしようとしても注目されないかもね。まあ、運営側から動画を削除されて「言論封鎖だ!」と声高に主張する人もいるだろうけど。

関連ニュース