記事詳細

【国会ここに異議あり】立憲民主の「悪しき体質」 本多氏「14歳の子と性交」発言、その場で反論しなかった同僚議員たち 過剰反応は自由闊達な論議失われる (1/2ページ)

 本多平直衆院議員(北海道比例、立憲民主党を離党)は7月28日、大島理森衆院議長宛に議員辞職願を提出、許可された。

 本多氏は今年5月、刑法で性行為が一律禁止される男女の年齢を現行の「13歳未満」から引き上げることを議論する党内の非公開会合で、「例えば50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と発言したという。

 これが6月上旬に匿名で報じられた。立憲民主党の福山哲郎幹事長は7日、「本人が『撤回』と言っているので、それでいいのではないか」と述べ、発言者を公表しなかった。その後、メディアが実名で報じるところとなり、福山氏は口頭で「厳重注意」したが、党内外の批判は収まらず、党執行部は「党員資格停止1年」という方針を固めた。結局、本多氏は離党、議員辞職に追い込まれた。

 発言に対する賛否はあるだろう。しかし、立憲民主党が「許されない失言」として、発言自体を否定するがごとき批判は行き過ぎだと思う。

 仮にも、政権交代に備えるべき野党第一党が、自由闊達(かったつ)な政策論議を阻害することになりかねないからだ。意見は違っても、発言する権利は認めるのが「言論の自由」の精神であるはずである。

 与野党を問わず政党内の政策論議は原則、非公開で行われる。なぜかといえば、各議員の意見をすり合わせ、党内の合意を図る場だからである。非公開だからこそ、メンツにこだわることなく意見修正ができるのである。

関連ニュース