戦うことは「悪」ですか

橋下徹氏の言葉に絶句…戦わずに降伏したらどうなる? 「自分の国は自分で守る」覚悟学べ 自衛隊の最高指揮官・岸田首相は腹くくる責任が1/2ページ

橋下徹氏
橋下徹氏

3月末、フジテレビ系「めざまし8」を見ていて、椅子から転げ落ちそうになった。

ロシアによるウクライナ侵攻をめぐって、コメンテーターの橋下徹氏がウクライナ国民に対し、「国外に逃れてウラジーミル・プーチン大統領が不在となる数十年後に再起を期すこと」、つまり「戦わないこと」を勧めていたのだ。

ゼレンスキー大統領は、ウクライナのブチャで報道陣の取材に応じた=4日(ロイター)
ゼレンスキー大統領は、ウクライナのブチャで報道陣の取材に応じた=4日(ロイター)

戦わずに降伏したら、どうなるのか。

同番組には、ウクライナ人の国際政治学者、グレンコ・アンドリー氏も出演しており、「戦わずにロシアの言いなりになれば、反露的言動をとっていたウクライナ人は粛清されるんですよ」と必死に訴えていた。

百歩譲って、仮にロシアが国際社会の目を意識して、あからさまな非人道的な行為を自粛したとしても、そこに訪れるのは恐怖に支配された「奴隷の平和」だ。そんな尊厳の欠片もない状態に陥ることを勧めるのか。

橋下氏に改めて問いたい、「戦うことは『悪』ですか」と。

今回の戦争で特筆すべきは、「現代においては情報戦が国内外の世論に大きな影響を及ぼす」という事実が明らかになったことだ。マスメディアでは、「侵略したロシアは悪、されたウクライナは善」という単純化した構図で報じられることが多いが、双方の背景と思惑に触れるにつれ、単純な「善悪二元論」で語れるものではないことが見えてくる。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  2. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  3. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

  4. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

  5. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  6. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  7. 【2022年夏・参院選】政党別の「獲得議席」最新情勢 自民党1人区で「27勝5敗」 左派政党の苦戦浮き彫りに 選挙プランナー松田馨氏が解説

  8. 【勝負師たちの系譜】棋士や将棋界のことを知りたい「知る将」のための一冊 それぞれのファンに向けた著書続々

  9. 【メジャーの旅】陽岱鋼、米独立リーグで野球を楽しむ 本人いわく「ゼロからのスタート」も あふれる笑顔の野球少年に

  10. 【するりベント酒】威張ってない、偉そうにしてない…新潟の弁当は期待以上においしかった! 「五目釜めし弁当」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ